スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2011.7.22.Fri)

毎日暑い日が続いております。お元気ですか。
私は元気です。

先日の7月17日、何と八丁座に山田洋次監督、木村大作監督、佐藤忠男さんがいらっしゃいました。
日本映画界を代表する山田洋次監督とお会いできたなんて夢のようでした。

開口一番、「弟家族からこの劇場の噂は聞いております。」

劇場を隅々までご覧になり、カフェではコーヒーを飲まれながら

「劇場のスタッフが対面でお客様をお迎えするのはいいですね。
映画はその現場のスタッフが心を一つにして作ると、スクリーンからお客様にその心が伝わるんですよ。
そう信じています。」と力強く語られました。


改めて映画館の現場のスタッフ全員が心を一つにしてお客様をお迎えする精神を大事にしなくてはいけないと思いました。

山田洋次監督の映画に対する真摯な姿勢に感動しました。



DSC_0377小小



DSC_0385小小




原田芳雄さんが19日71歳でお亡くなりになったとのニュースを聞きびっくりしました。
「大鹿村騒動記」完成試写会の車椅子での登場に驚きました。
あまりに痩せて小さくなっておいででしたので。


2004年公開の広島映画「父と暮せば」の時に、シネツイン新天地にいらっしゃいました。
いつものサングラス姿のかっこよさは今でもはっきり目に浮かびます。

静かな語りで、「実は僕、鉄道マニアなんですよ」とお話しされ、自然体の人間味溢れる原田芳雄さんに一瞬にして大ファンになりました。

まだまだ多くの作品に出演されるものと思っていましたので残念でたまりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蔵本順子

Author:蔵本順子
花本マサミさんの「映画ジョッキー」が、花本さんの急逝により、不肖わたくしにたすきをとのお声掛けがありまして、自信のないまま引き継がせていただいております。
放送時間は同じで、RCCラジオ日曜日の夕方5時30分。7月3日(日)よりスタート致しました。
ご意見、アドバイス、忠告なくしてはできませんので忌憚なくお寄せくださいますようお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。